時給1500円を超える事務職派遣-そんな時代に時給の低すぎる大船渡市の仕事に未来はあるのか?-

はてなブックマーク - 時給1500円を超える事務職派遣-そんな時代に時給の低すぎる大船渡市の仕事に未来はあるのか?-
[`livedoor` not found]
[`yahoo_buzz` not found]
LINEで送る
Pocket

地方では、どこか女性のやる仕事だからと時代錯誤の考え方(客観的明白に差別であり、いまだにハローワークなどにおいて、女性を希望するなどと寝言を言っている事業所は、そのかび臭いだけの考え方、言動を改める責務があります)で低賃金が蔓延っている「事務職」ですが、世の中を広く見渡すと、事務職の価値は上がっていて、派遣においては平均時給が今尚上昇しています。

 

事務職派遣の時給が上昇、専門知識必要な分野が寄与

 

日経新聞でもこの現象は報じられており、たとえば「エン派遣」においては、事務職の平均時給は1500円を超えていることが発表されています。

 

事務職の派遣は、とくに都市部を中心として、土日祝日休みの完全週休2日制が当然のように設定されていることがほとんどであり、これをもとに一カ月の労働日数を21日、1日の労働時間を8時間として考えた場合、その月給は252,000円になります。

 

これは多くの中小企業の正社員を凌ぐ月給であるのは言うまでもなく、地方においては、ほとんどの正社員の月給がこれに届いていないことが多いと言えます。

 

人手不足が謳われる地方ですが、一方でその求人内容を見てみると、こんな条件で働きたいと思う人間がいるわけがないという求人がほとんどであり、それを以て人手不足と言われても、本当に足りないのは経営能力であり、求人を出す前に経営サイドが迅速に行わなければならないことがいくらでもあるのではないか、というのが現実ではないでしょうか。

 

とはいえ、事務職に限って言えば、中小企業規模の事業所ならば、freeeやMFクラウドで経理業務を、スマートHRで労務管理を無料ないし安価かつ自動化による省力化することが可能であり、これまで雇用していた事務員の存在の必要性が揺らいでいる昨今です。

 

このように、テクノロジーで補えることは多く、人手不足と嘆く前に、目前にある業務がテクノロジーに置き換えられないか、これを検討するのが先決でしょう。

 

断言しますが、現状出されている低賃金・低待遇・古めかしい働き方の求人で採用が行えるというのは、運任せでしかなく、応募者が出るだけでも奇跡的な幸運だと思った方が良いでしょう。

 

それほどまでに、とりわけ地方の求人は魅力がない以前に採用する気が見られない杜撰な内容となっています。

 

前座が長くなりましたが、今回は、先月も行ったアルバイト・パートの平均時給についてです。

 

前回同様、全国的にアルバイト・パートの時給はどのように変化しているのか、大船渡市はそれと比較しどうなのか、アルバイト・パート求人を取り扱っている主要媒体のデータとともに見ていきます。

※毎度のことだが、あまり多くの時間を取ることができずにいることから、非常に簡単なものになっている。加えて、データ分析などはとくに行っていないので、各サイトなどを参照頂きたく思う。

※当ブログは、各データ公表元の企業から金銭や報酬に関する一切を頂いておりません。

また、これを以て特定の企業に優劣をつけるものでなく、そういった意思も一切ありません。


▼目次▼

アルバイト・パート募集時平均時給調査にビースタイルを追加

アルバイト・パート募集時平均時給は前月比マイナスでも前年同月比ではプラス

やはり大船渡市・陸前高田市・気仙郡住田町の時給はあまりに低い

ここまで読んでいる人は、かなり珍しい





アルバイト・パート募集時平均時給調査にビースタイルを追加

 

今回、利用したのは、

 

リクルートジョブズ

※求人媒体:「TOWNWORK」「TOWNWORK社員」「fromA navi」

インテリジェンス

※求人媒体:「an」

ディップ

※求人媒体:「バイトル」

アイデム

※求人媒体:「しごと情報アイデム」

ビースタイル

※求人媒体:「しゅふJOBパート」

 

なお、今回からビースタイルの「しゅふJOBパート」を加えています。

特別何らかの意図があるというわけではなく、単純に平均時給を発表している会社を新たに見つけたからというだけであり、今後も見つけ次第追加していく意向です。

※求人媒体の各サイトへのリンクは貼っていませんが、要望があれば適宜対応いたします。

 

今回、参考としたデータですが、以下の各サイトからのものになります。

ジョブズリサーチセンター

anレポート

バイトルレポート

aidem人と仕事研究所

ビースタイルプレスリリース

 

では、広告を挟んで、2017年1月から5月の期間における各社によるアルバイト・パートの平均時給調査の結果を見ていきます。

 




社会保険・雇用保険の手続きを自動化するクラウド労務ソフト

アルバイト・パート募集時平均時給は前月比マイナスでも前年同月比ではプラス

 

 

各社が報告した、自社求人媒体におけるアルバイト・パート募集時平均時給調査による結果は以下の通りです。

※終わりに簡易的なグラフを添付するので、そちらを見た方が早いです。

 

リクルートジョブズ

2月 3月 4月 5月
1,001 999 1,002 1,006

※首都圏、東海圈、関西圏

インテリジェンス

2月 3月 4月 5月
1,005 1,003 997 996

※北海道、関東、東海、関西、九州
ディップ

2月 3月 4月 5月
998 1,002 999 994

※関東、東海、関西、九州

アイデム

1月 2月 3月
980.5 985.5 979.5

※東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県、福岡県

ビースタイル

2月 3月 4月 5月
1,087 1.081 1,076 1,081

※全国

 

 

CSSをいじるのが少し面倒なので、見にくい表で申し訳ないのですが、各社このような発表になっています。

アイデムに関しては、3月までしか発表されておらず、また東日本エリアと西日本エリアに分けた発表のみが行われていたことから、その平均値を表記しています。

※グラフに至っては、即席で作ったもののキャプチャーで申し訳ない限りです。

 

1,000円を超えているのはリクルートジョブズとビースタイルのみというのは4月と同様です。

 

また、先月比でプラスになっているのもリクルートジョブズとビースタイルの2社のみです。

 

しかし、ビースタイルについては、前年同月比のデータが見当たりませんが、リクルートジョブズ、インテリジェンス、ディップ、アイデムの4社全てが、前年同月比ではプラスとしており、着実に賃金が上昇していることを伝えています。

※アイデムについては、関東エリアはマイナスだが、関西エリアで大きくプラスになっており、その平均がプラスである。

 

なお、各社ごとの分析については、各社のサイトを確認していただけますと幸いです。




フリーター・既卒の正社員求人のご紹介

やはり大船渡市・陸前高田市・気仙郡住田町の時給はあまりに低い

 

さて、ある人たちにとっては本題、大半の人にとってはどうでも良い大船渡市の状況についてです。

 

今回も前回同様に手作業で行っています。

※ハローワークにおいては、せっかく数字の入力を行っているのだから、詳細なデータが公表できるようなシステムに改修すべきだと考える。そのデータは有効求人倍率といった操作が可能なデータなどよりも使い道のあるデータになるだろう。

 

なお、前回同様、調査日は本日であることから、4月に募集が行われたパート求人全てではなく、現在まで残っているパート求人となるため、完全なものでない点にご留意頂けますと幸いです。

また、この時給は、求人票で示されている賃金の下限に関してまとめたものであり、振り幅の関係上、採用時点でより高額の時給が示されている可能性が存在します。

※下限より高い金額となることは稀なので、下限で算出しています。

 

大船渡市・陸前高田市・気仙郡住田町パート求人平均時給

5月:826円

※パート求人数:96件

※内65%程度が転用求人(ハローワークのシステム上1月以前に公開され移行募集が継続されているもの)であると推定される。

 

釜石市・大槌町パート求人平均時給

5月:863円

※パート求人数:68件

※内57%が転用求人であると推定される。

 

今回も気まぐれに釜石ブロックも算出しています。

一点、前回と異なるのは、遠野市と山田町の求人を含めず、釜石市・大槌町の2市町に絞った点です。

これは、釜石ブロックとしてより正確な情報にする目的で行っています。

 

大船渡市・陸前高田市・気仙郡住田町の気仙管内のパート・アルバイト求人の平均時給は前月比+2円であり、求人数は前月比-38件です。

 

やはり、転用求人が多く、実質的な新規雇用はあまり多くないと見られます。

東日本大震災の影響による復旧作業に目処がつき、多くの企業や人が撤退し始め、町としても活気が落ち着き始めているのが大きな影響に見えなくもないですが、こと雇用に関してはちょっとやそっとの活気で増減するものでもないので、どちらかといえば、各企業の生産活動に進歩が見られないことが大きいと考えます。

 

つまり、新規事業の少なさです。

これは元々多くなく、そもそも新規雇用が生まれた背景には、復旧にかかる特需によって生じた、事業所の再建やそのどさくさに紛れて行われた拡張による雇用および復旧作業そのものに対する人手の確保がありました。

 

各事業所、何や彼や言いつつ、この復旧特需を受けて利益を増やしたところは多かったわけですが、それを復旧特需収束後に向けた新規事業の創出への投資に使えなかったことが、露骨に町の急速な衰退を生んでいます。

 

復旧特需が余りに大きかったために、急速な衰退に見えるというのもありますが、これは震災前の元々の状態に戻っているに過ぎず、これがこの町の地力であり、各企業のポテンシャルであると言えます。

 

ぶっちゃけていえば、バブルが消えたことで元々の能力の低さが見えるようになっただけなのです。

 

6年という長い月日があった中で、その能力の低さを補うための努力が見られなかったのが、これだけ多くの税金が投下されながら、それを有効活用できなかった現実を浮き彫りにさせており、この点については、後に国全体から非難されたとしても、言い訳のしようがないでしょう。

 

さておき、釜石市については、前月比22円プラス。求人数は前月比92件マイナス。

 

求人数については、対象地域を減らしたため、何ら参考になりません。時給についても、前回のこの更新で書いたように遠野市が大分足を引っ張っていたので、釜石ブロックそれ自体として見れば、それほど大きなプラスではないのではないかと思います。

 

ただ、釜石ブロックの方が気仙管内よりも時給が高いという状況は変わっておらず、その差は37円と、決して侮れない差になっています。

 

ある種、しっかりと投資ができた釜石市と無駄なものばかりにお金を使った気仙管内の差が、震災から6年という月日を経て、如実に表れてきているのではないかと感じさせます。

 

そうは言っても、全国平均を見れば、未だに100円以上差があるのは紛れもない事実です。

 

たとえば、北海道・東北のアルバイト・パート時給の平均も発表されており

 

・リクルートジョブズ:895円

・ビースタイル:865円

 

となっており、釜石市はビースタイルの発表する平均額に近いですが、気仙管内の平均額は、東北の平均額にすら大きく水をあけられている状況です。

※「水をあける」の語彙として、比較対象が競争相手であることが前提となることを踏まえれば、競争相手になるか分からない気仙管内を比較対象にこの表現を用いることが適切かどうか疑わしいですが、この点についてはご容赦ください。

 

 

 

マルクスと金持ち父さんが教えてくれた

“目指すべき働き方”

私は、世界的ベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』を深く読み込むことで、その後の人生が大きく変わりました。

どういう「働き方」を選択すればラットレースに巻き込まれず、幸せに暮らしていけるかがよくわかるのです。

今の働き方に疑問を持っているのであれば、転職や独立、ワークライフバランスを考えても意味はありません。

しんどい働き方は、もっと根本的なところから考え、変えていかないといけないのです。

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)

出展:星海社

 

ここまで読んでいる人は、かなり珍しい

いつも通り、余談コーナーです。

今回も気付けば5,000字を超えていますが、実際の所、大船渡市などに興味関心のある人などそうそういませんので、このブログは見出し2のパートあたりまでが本文で、大船渡市等に触れる見出し3からが余談のようなものです。

 

本音を言えば、大船渡市等に触れたところで、書いている方としても何ら面白くない上、特別メリットがあるわけでもないので、多くの時間を割いてまで書く必要があるか悩ましいのですが、とりあえず惰性的に書いています。

 

今回はアルバイト・パート募集時平均時給調査に触れていますが、今後フルタイムもどうにかして出せないか考えており、そちらが気になる人は、いつか行われるかもしれないそちらの更新をお待ちいただけますと幸いです。

 

とはいえ、そもそもこの余談自体、ほとんど読まれないことを前提として書いているのですけれどもね。

 

※デザインや内容は、適宜、修正および編集、改変いたします。

はてなブックマーク - 時給1500円を超える事務職派遣-そんな時代に時給の低すぎる大船渡市の仕事に未来はあるのか?-
[`livedoor` not found]
[`yahoo_buzz` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA