「大船渡ビジネスプラン作成講座」開始!今こそビジネスプランの作り方を知ろう

「大船渡ビジネスプラン作成講座」開始!今こそビジネスプランの作り方を知ろう

いきなりで恐縮だが、一つ考えて欲しいことがある。

勉強でも料理でも工作でも何でも良い。これからあなたが何かを始めようと考えたとしよう。そのとき、あなたが最も初めに必要だと考えるのは何だろう?

道具の準備だろうか? スケジュールの確認だろうか? もしかすると何も考えずに真っ先に行動するかもしれない。

なぜ、このようなことを訊くのか?

その答えを知るためだけでも良い。ぜひこの先を読んでみて欲しい。

目次





※Sponsored

あなたは計画を立てることの本当のやり方を知っているだろうか?

何かを始めるにあたり、あなたがまずすることは何だろう?

この問いにあなたはどのような答えを出しただろう。

その答えがどのようなものであれ、実際にその考えの通り実行してみると、実はどれをとってもすぐに余り上手くないと感じるのではないだろうか?

道具の準備をした者はその後どうして良いか頭を悩ませるかもしれない。スケジュールの確認をした者は、その時点で無理だと行動自体を諦めるかもしれない。

何も考えずに動いた者は、何かしら達成するかもしれないが、最初に思ったものと違うものができたことに首を傾げるかもしれない。

なぜ、そういったことが起こるのだろうか?

答えは単純である。計画を上手く立てられていないからだ。つまり、あらかじめ何ら指針を立てず、必要なものも考えず、ただ闇雲に動いてしまうから、一つ一つの行動に正しさがあったとしても、結果的に満足できる結果が得られないのである。

計画を立てるという行為はいつだって退屈である。その上、いたずらに時間を取られることも少なくない。計画自体が何かを生むわけでもないから、そこに価値を感じにくい。だから、多くの人がやりたがらない。もしかすると、あなたにも心当たりがあるかもしれない。

しかし、本当にそうなのだろうか?

計画を立てるというのは、真実それほどまでに退屈で、手間がかかり、そして非生産的なのだろうか?

実は、そう感じるのは、あなたがこれまで本当の意味で計画を立てたことがないからなのではないだろうか?

能書きが長くなった。

さて、本題である。いよいよ今年も「ビジネスプラン作成講座」が行われる。この講座は、文字通りビジネスを行う上で必要となる計画の作り方が学べる講座である。

計画の立て方などと言われると、何を学ぶことがあるのだと思うかもしれない。結論を先にいえば、それは大きな勘違いといえるだろう。数々の事例を元に、実戦的に計画作成能力を磨けるこの講座は、あなたがこれまで計画を立てるという行為について抱いてきた価値観を一新させるに違いない。

ビジネスと銘打っているが、何も起業や新規事業の作成にだけ役立つものではない。計画を立てるということについて、ゼロから学べるため、実生活においても大いに役立てることは可能だろう。もしかすると、実生活に役立てることで、そこからお金を生み出すビジネスを生み出せるようにもなるかもしれない。

全ては参加して初めて分かることである。

講座は全7回。時間は夜間になるため、仕事終わりに参加することが可能だ。2時間といくらか長いのがネックだが、普段できないことが体験できるのは間違いない。ちょっとした息抜きにも良いかもしれない。

何も全てに必ず参加しなければならないというものでもない。無理のない範囲で参加するのが良いだろう。まずはどのような内容なのか知るために、第一回にだけ参加してみるのも良いかもしれない。

これまで全く知る機会がなかったろう計画の立て方を学べる機会である。ものは試しに、ぜひ参加してみて欲しい。

大船渡「ビジネスプラン作成講座」要項

 

ビジネスプラン作成講座では、これから社会で活躍する高校生や、起業、商品開発など
新しいことに取り組もうとしている社会人を対象に、ビジネスプランの作成方法を学ぶ座学
やワークショップを開催します。

イノベーティブ思考法や対話手法を体験し、斬新なビジネスアイディアを生み出すノウハウ
を学んでみませんか?

出展:ビジネスプラン作成講座

現在予定されている日程は、上記出展元ページに記されている通りである。

第一回は6/30(土)の18:30~20:30が予定されている。内容など詳細は記されていないが、大学生の講演が少し入るという話を聞いた(確証はない)。

対象者

  • 気仙管内の高校生
  • 15歳以上の市民で、起業に興味関心を有する方、開業予定の方など経営者、事業拡大や商品開発などに意欲のある方など

募集定員

  • 高校生 30名
  • 一 般  10名(ただし、一般枠については最小催行人員5名)

受講料

無料

講師

国立大学法人 岩手大学 教授 今井潤氏ほか

募集期間

2018年6月5日(火)~2018年6月25日(月)

応募方法

市役所本庁1階市民ホール、大船渡商工会議所備付の申込書、またはダウンロードした申込書に記入のうえ、市役所商工港湾部起業支援室までFAX、Eメール又は、直接持参してください。

ちなみに、本件とは全く関係ないが、Facebookグループでビジネスに関する情報などを毎日発信している。ビジネスや仕事について情報は欲しいが、自分で探すのが面倒、色々な情報が知りたいといった人はぜひ参加して欲しい。

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳

 


▼この記事を読んだあなたに読んで欲しい記事

第四回「大船渡ビジネスのメモ帳」記事まとめ【5/13-5/26】

「大船渡ビジネスのメモ帳」利用ガイド-Facebookグループ-


「大船渡ビジネスのメモ帳」利用ガイド-Facebookグループ-

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」

今、大船渡市はもちろんとして地方に足りないのは何でしょうか?
お金? 人材? 盛り上がり?
それらはきっと足りないでしょう。
しかし、今最も足りていないのは「情報」です。

 

この度は、Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」を閲覧頂き誠にありがとうございます。

 

大船渡ビジネスのメモ帳」は、大船渡市をより良い街にすべく、大船渡市内・大船渡市外の人が情報を元に交流するための自由なコミュニティグループです。

 

ここでは、Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」に参加・利用するにあたって、いくつかルールや活用方法などをお知らせいたします。

なお、Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」は、個人が運営するFacebookグループであって、大船渡市役所などの官公庁、その関係者、または何らかの民間委託事業などによって運営されているものではありません。

お問い合わせはについては、それらの団体あるいは個人に対して行わないようお願い申し上げます。

※レギュレーションなどについては適宜変更する場合があります。

目次





※Sponsored

はじめに

今、大船渡市はもちろんとして地方に足りないのは何でしょうか?
お金? 人材? 盛り上がり?
それらはきっと足りないでしょう。
しかし、今最も足りていないのは「情報」です。

「情報」が足りないからこそ、困難を解決できていません。
「情報」が足りないからこそ、魅力的なPRができていません。
「情報」が足りないからこそ、人を惹きつける事業や企業経営ができていません。

今、大船渡市が抱えている悩みや困難、先行きの不透明感は全て「情報不足」が招いているのです。
そして、悲しいかなこの事実に多くの人が気付いていません。

「情報」をしっかり集め、「情報」をしっかり活用し、「情報」で交流しさえすれば大船渡市は今より段違いに良くなるはずです。

私達一人一人の生活もきっと良くなることでしょう。

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」は、「情報」を集め、「情報」を発信し、「情報」で交流するためのコミュニティグループとして作成しました。

皆さん一人一人の毎日を今よりもっと豊かで素晴らしいものにするため、ぜひ活用してください。

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」に参加・利用するにあたっての注意点

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」は、大船渡市での生活や仕事、事業をより素晴らしいものにするために作られたグループです。

  • 参加については大船渡市内在住者かどうかを問いません。より広く様々な人同士がお互いを高め合うために交流することを願います。
  • 投稿は原則自由ですが、なるべくビジネスや働き方、まちづくり、新企画など「これって役に立ちそう」と思えるような情報を投稿してもらえるとありがたいです。
    (個人的な日常・私生活のつぶやきなどはあまり投稿しないようにしてください)
  • マルチ商法など悪質な勧誘などについては厳禁とします。見つけ次第、相応の対応を取らせて頂きます。
  • 参加者の誹謗中傷なども厳禁とします。投稿された内容についての議論は大いにしてくださって問題ありませんが、口喧嘩のような言い争いは各々のアカウントにて行ってください。

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」の活用方法

ここからは、Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」の活用方法について、考えられるものをお伝えします。
なお、この通りに利用しなければならないというものではありません。

  • 仕事やビジネスに役立ちそうだと思った情報を投稿して、参加者同士で共有する
  • 世間的に話題になっているビジネスツールや働き方など、今のトレンドを投稿して、大船渡市内でも活用できないか提案してみる
  • 大船渡市内や大船渡市街で参加したイベントなどについて良かった点や改善して欲しい点などを共有して、知見を深める
  • 何か大船渡市内で新しく始めたことをPRする
  • 仕事や自分のビジネスで困ったことを投稿して、アドバイスをもらう
  • 大船渡市内で起こったトラブルなどを共有して注意喚起する
  • 投稿者同士で交流したり、仲間作りをしたりする
  • ビジネスや働き方に関する投稿をメモして、自分のビジネスや仕事に役立てる


▼ここまで読んだあなたにおすすめの本▼
 

▼関連記事

復興庁「復興・創生インターン」はブラックインターンなのか?

東京労働局長の発言は不適切だったのか?