クラウドファンディング&越境ECとは何か?大船渡市で活用方法を知るセミナーを開催!

クラウドファンディング&越境ECとは何か?大船渡市で活用方法を知るセミナーを開催!

ある事業を大きくするために必要なものは多い。

資金、商品・サービス、人材、販路、戦略……。

様々なものが必要になってくる。

それらの中でも特に重要なのは事業を行っていくための資金、そして利益を出していくための販路だろう。

大船渡市では、今回その資金調達と販路拡大に役立つ情報が得られる機会が提供される。

ここから詳しく説明しよう。

目次





※Sponsored

「クラウドファンディング&越境ECを知る!」大船渡市で平成30年度起業者等交流ネットワーク事業が開催

大船渡市では企業経営者や起業者、行政、大学、金融機関などが集まり、ネットワークを築くことで相互理解や連携強化に努めている。

それが「起業者等交流ネットワーク事業」である。

来る2018年11月12日(月)にその交流会の一環で次のセミナーが実施される。

今回は、そのセミナーを紹介しよう。

クラウドファンディング&越境EC活用セミナー(兼起業者等交流ネットワーク事業平成30年度定例情報交流会)の詳細

それではここから、2018年度の「起業者等交流ネットワーク事業」における定例情報交流会の詳細について紹介しよう。

尚、本記事下部では、今回のセミナーテーマとなっている「クラウドファンディング」「越境EC」に大まかに説明する。

「クラウドファンディング&越境EC活用セミナー」要項

  • 日時:2018年11月12日(月) 午後1:30~5:00
  • 場所:シーパル大船渡 2階大会議室
  • 内容:後述
  • 参加費:無料
  • 申込方法:後述
  • 参加対象者:中小企業、起業者。NPO法人などの事業者など
  • 定員:50名

「クラウドファンディング&越境EC活用セミナー」内容

  • セミナー1「クラウドファンディングで資金調達」

内容:復興庁クラウドファンディング支援事業の事業説明

講師:山本真一郎(一般社団法人RCF

時間:午後1:40~2:40

  • セミナー2「Made in Ofunatoの品質を世界に」

内容:海外向けネット販売の成功事例と失敗事例

講師:横川広幸(ジェイクラブ株式会社 越境EC上級コンサルタント)

時間:午後2:50~4:20

  • セミナー3「起業の課題を解決に導く新サービス」

内容:欲しい知見を手軽に得る「スポットアドバイス」

講師:増田有孝(キャノンITソリューションズ株式会社 企画本部長)

時間:午後4:30~5:00

「クラウドファンディング&越境EC活用セミナー」応募方法

申込書に必要事項を記入し、大船渡市役所起業支援室までFAX、Eメール、持参。

申込書については、大船渡市役所起業支援室にご連絡してください。

E-mail:ofu_syoko@city.ofunato.iwate.jp

電話:0192-27-3111(内線105・106)

「クラウドファンディング」「越境EC」とは何か簡単に紹介

さて、今回のセミナーのテーマになっている「クラウドファンディング」「越境EC」だが、どういうものか分からない人もいるかもしれない。

そこで、ささやかなものになるがそれぞれについて説明しようと思う。

クラウドファンディングとは何か

ITを活用した新しい資金調達の仕組みが注目を集めている。これは、インターネットを介して不特定多数の人々から資金調達することから、「クラウドファンディング23」と呼ばれている。
出典:中小企業庁:2018年版「中小企業白書」第3部 中小企業・小規模事業者が担う我が国の未来 第2節 ITを活用した資金調達

簡潔に説明するのであれば、インターネットサービスを利用して、不特定多数の人間からある事業に対して資金調達を行う方法である。

昨今、インターネットサービスを利用して資金調達を行う方法は多種多様になっているが、クラウドファンディングはその一つと言える。

クラウドファンディングの実施状況(クラウドファンディングの手法ごとに単一回答)については、「購入型」及び「投資型」では「本格運用」が 6~7割に上り、最も多くなっている。一方、「寄付型」及び「貸付型」では「検討」が最も多くなっている。特に「貸付型」においては、「本格運用」は 10.7%に留まっている。
出典:経済産業省「企業の多様な資金調達手法に関する実態調査 調査報告書」

例えば、クラウドファンディングには大きく分けて「購入型」「投資型」「融資(貸付)型」「寄付型」といった4種類があるとされる。

利用者はその中から自分が最も理想とするものを選択し、資金調達に望むこととなる。現実の実施状況は様々である。SNSやメディア等では主に購入型が話題となっているが、実際には様々なタイプのクラウドファンディングが利用されている。

越境ECとは何か

次に越境ECについて見ていこう。

欧州委員会(European Commission)による越境取引(Cross-Border Shopping)に関する消費者へのアンケート調査では、越境取引の定義を「消費者が居住している国以外にある(位置している)販売者または提供者からの全ての購買」としている。この中にはインターネット等による他国に所在するサプライヤーからの遠隔購買が含まれているが、自国内に所在している販売者からの外国製品の購入は含まないものとなっている。
出典:経済産業省「平成 29 年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備 (電子商取引に関する市場調査)」

経済産業省では、欧州委員会によってこう定義されているものについて、主に以下の形態のECを越境ECと定義している。

  • 自社ECサイトを多言語化して越境ECを展開するモデル
  • 越境ECに対応した他社ECモールに出店するモデル
  • 海外のECモールに出店するモデル
  • 保税区指定地域の倉庫に商品を予め輸送し、受注後その倉庫から商品を納めるモデル
  • 一般的な貿易モデルで海外業者と取引し、相手国側のECモール・ECサイトで自社製品を販売するモデル
  • 海外で自社ECサイトを作成・運用するモデル

非常に簡潔に説明するならば、ECサイト・ECモールを活用して国外に対して自社の製品を販売するといった内容である。

これまで国外に自社製品を販売するのは非常に困難を極めた。しかし、昨今は越境ECモール・越境ECサイト(作成支援サービスなど)の普及で、中小企業であっても容易に参入することが可能になっている。
 

▼あなたに次に読んで欲しい記事

第六回「大船渡ビジネスのメモ帳」記事まとめ【6/22-7/11】


「大船渡ビジネスのメモ帳」利用ガイド-Facebookグループ-

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」

今、大船渡市はもちろんとして地方に足りないのは何でしょうか?
お金? 人材? 盛り上がり?
それらはきっと足りないでしょう。
しかし、今最も足りていないのは「情報」です。

 

この度は、Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」を閲覧頂き誠にありがとうございます。

 

大船渡ビジネスのメモ帳」は、大船渡市をより良い街にすべく、大船渡市内・大船渡市外の人が情報を元に交流するための自由なコミュニティグループです。

 

ここでは、Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」に参加・利用するにあたって、いくつかルールや活用方法などをお知らせいたします。

なお、Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」は、個人が運営するFacebookグループであって、大船渡市役所などの官公庁、その関係者、または何らかの民間委託事業などによって運営されているものではありません。

お問い合わせはについては、それらの団体あるいは個人に対して行わないようお願い申し上げます。

※レギュレーションなどについては適宜変更する場合があります。

目次





※Sponsored

はじめに

今、大船渡市はもちろんとして地方に足りないのは何でしょうか?
お金? 人材? 盛り上がり?
それらはきっと足りないでしょう。
しかし、今最も足りていないのは「情報」です。

「情報」が足りないからこそ、困難を解決できていません。
「情報」が足りないからこそ、魅力的なPRができていません。
「情報」が足りないからこそ、人を惹きつける事業や企業経営ができていません。

今、大船渡市が抱えている悩みや困難、先行きの不透明感は全て「情報不足」が招いているのです。
そして、悲しいかなこの事実に多くの人が気付いていません。

「情報」をしっかり集め、「情報」をしっかり活用し、「情報」で交流しさえすれば大船渡市は今より段違いに良くなるはずです。

私達一人一人の生活もきっと良くなることでしょう。

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」は、「情報」を集め、「情報」を発信し、「情報」で交流するためのコミュニティグループとして作成しました。

皆さん一人一人の毎日を今よりもっと豊かで素晴らしいものにするため、ぜひ活用してください。

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」に参加・利用するにあたっての注意点

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」は、大船渡市での生活や仕事、事業をより素晴らしいものにするために作られたグループです。

  • 参加については大船渡市内在住者かどうかを問いません。より広く様々な人同士がお互いを高め合うために交流することを願います。
  • 投稿は原則自由ですが、なるべくビジネスや働き方、まちづくり、新企画など「これって役に立ちそう」と思えるような情報を投稿してもらえるとありがたいです。
    (個人的な日常・私生活のつぶやきなどはあまり投稿しないようにしてください)
  • マルチ商法など悪質な勧誘などについては厳禁とします。見つけ次第、相応の対応を取らせて頂きます。
  • 参加者の誹謗中傷なども厳禁とします。投稿された内容についての議論は大いにしてくださって問題ありませんが、口喧嘩のような言い争いは各々のアカウントにて行ってください。

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」の活用方法

ここからは、Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」の活用方法について、考えられるものをお伝えします。
なお、この通りに利用しなければならないというものではありません。

  • 仕事やビジネスに役立ちそうだと思った情報を投稿して、参加者同士で共有する
  • 世間的に話題になっているビジネスツールや働き方など、今のトレンドを投稿して、大船渡市内でも活用できないか提案してみる
  • 大船渡市内や大船渡市街で参加したイベントなどについて良かった点や改善して欲しい点などを共有して、知見を深める
  • 何か大船渡市内で新しく始めたことをPRする
  • 仕事や自分のビジネスで困ったことを投稿して、アドバイスをもらう
  • 大船渡市内で起こったトラブルなどを共有して注意喚起する
  • 投稿者同士で交流したり、仲間作りをしたりする
  • ビジネスや働き方に関する投稿をメモして、自分のビジネスや仕事に役立てる


▼ここまで読んだあなたにおすすめの本▼
 

▼関連記事

復興庁「復興・創生インターン」はブラックインターンなのか?

東京労働局長の発言は不適切だったのか?