あなたのアイデアが大船渡を救う!「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」募集開始!

大船渡ビジネスプランコンテスト2018

あなたは夏休みの終わりになって、宿題の量に焦った経験がないだろうか?

夏休みの宿題が終わらない原因には様々な要因がある。体調を崩した。部活動などに多くの時間が割かれた。思わぬイベントがあって、宿題に時間が取れなかった。人の数だけ夏休みの宿題が終わらない理由があるだろう。

しかし、つきつめて考えれば、その原因は計画性のなさである。そして、これはビジネスにも同じ事がいえる。つまり、なぜビジネスが上手くいかないのかといえば、計画性がないからである。

商売はやってみなければ分からない。景気に左右される。不測の事態が多い。言い訳も言い分もあるだろう。だが、行き当たりばったりで行うことは、そもそもうまくいくわけがないのである。

大船渡市では、そんなビジネスの計画を考えるきっかけに役立つ企画を行っている。それもこの企画の参加者が負うリスクはゼロである。加えて、様々な特典ともいうべき機会も与えられるのだ。どういった内容なのか、ぜひその目で確認して欲しい。

目次





※Sponsored

大船渡ビジネスプランコンテスト2018の内容・応募要項

「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」とは、簡単にいえば一人一人が考えるビジネスのアイデアを競わせるイベントである。

難しく考える必要はない。ただ、日頃あなたが考えている「こういう仕事があれば大船渡はもっと良くなるのに」を紙に書いて応募するだけのイベントである。

そのアイデアが審査委員によって評価され、うまくいけば賞金を獲得できるかもしれない。そういうちょっとしたボーナスイベントだと思ってもらえると良い。

もちろん、既に事業として自分がやっていることを発表することも可能だ。自分がアイデアとして持っていて、近い内にビジネス化しようと思っているものを客観的に評価してもらっても良いだろう。第三者の視点とはときに大きな成功をつかむためのきっかけになるものである。

「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」では、3つの部門が用意されている。自分の希望や状況に合わせて、最も良さそうな部門に応募すると良いだろう。

「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」募集部門

  • ドリーム部門(一般/学生)

気仙管内の地域資源の活用や、地域課題への対応策等により、地域活性化につながるような多様な  ビジネスアイディアを対象とします。

出典:大船渡ビジネスプランコンテスト2018要項-大船渡市

要するに、アイデアだけで応募できる部門である。学生の部は高校生や一部の大学生など応募対象者が限られるが、一般部は15才以上であれば誰でも構わない。日頃自分が考えている「大船渡市にあったら良さそうな仕事」を自由に考えて応募してみると良いだろう。

  • ビジネス部門

事業の実現により地域活性化に寄与するような、幅広い分野のビジネスプランを対象とし、業種や事業分野は問いません(既に事業化されているプランも含みます)。

出典:大船渡ビジネスプランコンテスト2018要項-大船渡市

こちらはより具体的に大船渡市の地域活性化に役立つ事業の計画を募集する部門になる。過去のビジネスプランコンテストの様子を見ると、既に事業として行われているものや近々ビジネスとして行う事業が多く発表されている傾向が感じられる。

ドリーム部門よりはいくらか取っつきにくいかもしれない。しかし、だからこそ本気で考えることができ、審査やアドバイスなどもより具体的なものが得られる。もしも事業として実施していこうと考える事業計画があるならば、ぜひとも応募して、評価や指導を受けると良いだろう。そうすることで、今まで見えていなかった課題などが浮き彫りになり、より成功率を高められるようになる可能性がある。

「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」実施スケジュール

  1. 個別相談:7月20日(金)~10月29日(月)
  2. 募集期間=8月1日(水)~10月31日(水)午後5時
  3. 1次審査会=11月下旬
  4. ブラッシュアップ=12月上旬~平成31年1月中旬
  5. 最終審査会=平成31年1月27日(日)【一般公開】

※個別相談では、コンテストの説明やプラン作成のアドバイスなどを行いますので、お気軽にご相談ください。

※1審査通過者には、ビジネスプランのブラッシュアップや、プレゼンテーション資料の作成支援を行います(個別相談)。

スケジュールは上記の通りである。時間がないと感じる人もいるかもしれないし、意外と余裕があると感じる人もいるかもしれない。

「大船渡ビジネスプランコンテスト」は過去3回行われているが、今回から応募する前に個別相談ができるようになっている。

アイデアはあるけど、事業として考えるにあたってどう考えて良いか分からない人は多いだろう。そういう人は気軽に相談してみると良い。そうすることで、フワッとしたアイデアを事業として形にできるようになるはずだ。

意外と「こうすれば大船渡はより良くなるのに」「こういう仕事を創れば大船渡は活性化するのに」と考えている人は多いだろう。しかし、それをビジネスとして考えるまでに至っている人は少ない。

仕方ないのである。なぜならば、誰もがビジネスとして物事を考えるという機会に恵まれていない。そういう教育を受けたことのある人もいないからだ。だからこそ、この機会にちょっとしたアイデアをどういう風に考えていけば事業として形にできるのか知るのは素晴らしい体験になるだろう。

「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」表彰・副賞

「大船渡ビジネスプランコンテスト」では、表彰のほか、副賞が得られる。

たとえばビジネス部門の最優秀賞では30万円。

ドリーム部門では10万円である。

自分が持っているアイデアを発表して、それが評価されるだけでこれだけの大金を大船渡市で得られる機会はそう多くない。

しかも、助成金や補助金などと違って、小難しい資料を作ったり、何かを買ったりする必要もない。そればかりか、これは今事業をしている・していないにかかわらず、市民全員にチャンスがあるのである。

努力が必ずしも報われるとは限らないが、とはいえ、アイデアを紙に書き起こして、評価を勝ち取るのは、宝くじのような完全な運に身をゆだねるよりも現実的である。そもそも応募総数は数百・数千といった数になるわけではない。

頑張れば頑張るほど、この副賞を手に入れられる可能性は高まるのである。何より、大船渡市にはまだまだ足りていないものが多い。いっそ足りているものの方が少ないとすらいえる。だから、ビジネスの種は非常に多い。それだけチャンスも大きいのである。

「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」応募方法

「募集要項」をご覧の上、ダウンロードした「応募用紙」に必要事項を記入し、添付書類を添えて ページ最下部のお問い合わせ先まで郵送またはEメール、FAXで申し込むか、直接持参してください。

大船渡ビジネスプランコンテスト2018要項-大船渡市

応募はパソコンからでもできるし、直接手渡しですることもできる。実は、これほど応募が誰にでもできるようになっているビジネスプランコンテストは、決して多いとはいえない。それだけ「大船渡ビジネスプランコンテスト」は広く門戸が開かれているコンテストといえるのである。

なので、ぜひ気軽に応募してみて欲しい。

ちなみに、多少手前味噌な宣伝になるが、もしもアイデアが思い浮かばない、アイデアはあるが事業として提案するのにもうワンポイント何かが欲しい、そういった悩みを抱えている人は、ぜひ「大船渡ビジネスのメモ帳」に参加してみて欲しい。

ここでは、昨今話題のビジネスやビジネスに関する情報、他の地域が地域活性化にどのようなことがしているのか、広く話題をシェアしている。大船渡市に今必要そうなアイデアと巡り合うこともできるだろう。

大船渡ビジネスのメモ帳」に参加したからといって何かをしなければならなくなるわけではない。ただ、流れてくる情報を見るだけでも良い。もちろん、何か相談を投げかけてみたり、宣伝のようなものをしても構わない。ある程度自由に使える場として提供している。この機会にぜひ検討してもらえるとありがたい。

 

▼今ついでに読んでおきたい記事▼

第五回「大船渡ビジネスのメモ帳」記事まとめ【5/27-6/21】

「大船渡ビジネスのメモ帳」利用ガイド-Facebookグループ-


「大船渡ビジネスプラン作成講座」開始!今こそビジネスプランの作り方を知ろう

「大船渡ビジネスプラン作成講座」開始!今こそビジネスプランの作り方を知ろう

いきなりで恐縮だが、一つ考えて欲しいことがある。

勉強でも料理でも工作でも何でも良い。これからあなたが何かを始めようと考えたとしよう。そのとき、あなたが最も初めに必要だと考えるのは何だろう?

道具の準備だろうか? スケジュールの確認だろうか? もしかすると何も考えずに真っ先に行動するかもしれない。

なぜ、このようなことを訊くのか?

その答えを知るためだけでも良い。ぜひこの先を読んでみて欲しい。

目次





※Sponsored

あなたは計画を立てることの本当のやり方を知っているだろうか?

何かを始めるにあたり、あなたがまずすることは何だろう?

この問いにあなたはどのような答えを出しただろう。

その答えがどのようなものであれ、実際にその考えの通り実行してみると、実はどれをとってもすぐに余り上手くないと感じるのではないだろうか?

道具の準備をした者はその後どうして良いか頭を悩ませるかもしれない。スケジュールの確認をした者は、その時点で無理だと行動自体を諦めるかもしれない。

何も考えずに動いた者は、何かしら達成するかもしれないが、最初に思ったものと違うものができたことに首を傾げるかもしれない。

なぜ、そういったことが起こるのだろうか?

答えは単純である。計画を上手く立てられていないからだ。つまり、あらかじめ何ら指針を立てず、必要なものも考えず、ただ闇雲に動いてしまうから、一つ一つの行動に正しさがあったとしても、結果的に満足できる結果が得られないのである。

計画を立てるという行為はいつだって退屈である。その上、いたずらに時間を取られることも少なくない。計画自体が何かを生むわけでもないから、そこに価値を感じにくい。だから、多くの人がやりたがらない。もしかすると、あなたにも心当たりがあるかもしれない。

しかし、本当にそうなのだろうか?

計画を立てるというのは、真実それほどまでに退屈で、手間がかかり、そして非生産的なのだろうか?

実は、そう感じるのは、あなたがこれまで本当の意味で計画を立てたことがないからなのではないだろうか?

能書きが長くなった。

さて、本題である。いよいよ今年も「ビジネスプラン作成講座」が行われる。この講座は、文字通りビジネスを行う上で必要となる計画の作り方が学べる講座である。

計画の立て方などと言われると、何を学ぶことがあるのだと思うかもしれない。結論を先にいえば、それは大きな勘違いといえるだろう。数々の事例を元に、実戦的に計画作成能力を磨けるこの講座は、あなたがこれまで計画を立てるという行為について抱いてきた価値観を一新させるに違いない。

ビジネスと銘打っているが、何も起業や新規事業の作成にだけ役立つものではない。計画を立てるということについて、ゼロから学べるため、実生活においても大いに役立てることは可能だろう。もしかすると、実生活に役立てることで、そこからお金を生み出すビジネスを生み出せるようにもなるかもしれない。

全ては参加して初めて分かることである。

講座は全7回。時間は夜間になるため、仕事終わりに参加することが可能だ。2時間といくらか長いのがネックだが、普段できないことが体験できるのは間違いない。ちょっとした息抜きにも良いかもしれない。

何も全てに必ず参加しなければならないというものでもない。無理のない範囲で参加するのが良いだろう。まずはどのような内容なのか知るために、第一回にだけ参加してみるのも良いかもしれない。

これまで全く知る機会がなかったろう計画の立て方を学べる機会である。ものは試しに、ぜひ参加してみて欲しい。

大船渡「ビジネスプラン作成講座」要項

 

ビジネスプラン作成講座では、これから社会で活躍する高校生や、起業、商品開発など
新しいことに取り組もうとしている社会人を対象に、ビジネスプランの作成方法を学ぶ座学
やワークショップを開催します。

イノベーティブ思考法や対話手法を体験し、斬新なビジネスアイディアを生み出すノウハウ
を学んでみませんか?

出展:ビジネスプラン作成講座

現在予定されている日程は、上記出展元ページに記されている通りである。

第一回は6/30(土)の18:30~20:30が予定されている。内容など詳細は記されていないが、大学生の講演が少し入るという話を聞いた(確証はない)。

対象者

  • 気仙管内の高校生
  • 15歳以上の市民で、起業に興味関心を有する方、開業予定の方など経営者、事業拡大や商品開発などに意欲のある方など

募集定員

  • 高校生 30名
  • 一 般  10名(ただし、一般枠については最小催行人員5名)

受講料

無料

講師

国立大学法人 岩手大学 教授 今井潤氏ほか

募集期間

2018年6月5日(火)~2018年6月25日(月)

応募方法

市役所本庁1階市民ホール、大船渡商工会議所備付の申込書、またはダウンロードした申込書に記入のうえ、市役所商工港湾部起業支援室までFAX、Eメール又は、直接持参してください。

ちなみに、本件とは全く関係ないが、Facebookグループでビジネスに関する情報などを毎日発信している。ビジネスや仕事について情報は欲しいが、自分で探すのが面倒、色々な情報が知りたいといった人はぜひ参加して欲しい。

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳

 


▼この記事を読んだあなたに読んで欲しい記事

第四回「大船渡ビジネスのメモ帳」記事まとめ【5/13-5/26】

「大船渡ビジネスのメモ帳」利用ガイド-Facebookグループ-


「大船渡ビジネスアカデミア」二期募集開始! 中小企業経営者はぜひ参加を

「大船渡ビジネスアカデミア」二期募集開始! 中小企業経営者はぜひ参加を

地域の活性化に必要なものは何か?
無論、それは地場企業の経営力が向上し、より多くの利益が出せるようになるとともに、従業員に高い賃金が支払われ、地域内の経済が潤うことである。

大船渡市では、衰退が著しく続く市内経済を活性させようと、地場に根を張る中小企業の経営者や後継者の能力向上を目指し、2017年度において中期間に渡る伴奏型支援を行った。

それが「大船渡ビジネスアカデミア」である。
受講生のその後がどうなったかは定かではないが、その第二回が行われることが発表されている。
大船渡市の未来のため、地場の中小企業経営者や後継者、幹部社員には振るって参加して欲しい。

目次





※Sponsored

「大船渡ビジネスアカデミア」とは何か

 

「大船渡ビジネスアカデミア」について知らない人のために、最初に軽く説明しておこう。

将来の地域経済の活性化を担う経営人材を育成するため、中小企業の経営者を対象に、経営スキルの向上や経営基盤の強化、第二創業などの新たな事業展開に向けた経営企画等の策定に取り組んでもらうよう、専門の講師等による伴走型プログラムを実践

出展:大船渡商工会議所「第二期大船渡ビジネスアカデミア」

簡単に説明すれば、地場の中小企業経営者を中心に、現在明らかに不足している経営力の向上や経営状況の強化方法、新規事業の展開に向けた計画力・企画力を学べる機会である。

余り知られていないのかもしれないが、大船渡市内ではこれまでも経営に関する様々な取組が行われてきた。

中小企業経営者や創業者・起業者の関係づくり、セミナー、ビジネスプランコンテストなどがその代表である。

しかし、その多くはどうしても単発のイベントにならざるをえず、体系的に何かを学ぶというのが困難であった。

一方、「大船渡ビジネスアカデミア」は単発のイベントではない。

文字通り塾の様相を呈しており、およそ半年間に渡って講師による指導を受けることができる。

これによって、体系的に自身の経営スキルが高められるとともに、今後の経営状況を改善し続けられるよう計画力なども高められるようになっている。

昨今、ビジネスにおける時代の流れは激変の連続である。

1年前に通用していたビジネスが、その翌年には全く通用しないということも珍しくない。

そういった中、経営者は自身で多くを学んでいかなければならないが、一人で学ぶにはどうしても限界がある。

「大船渡ビジネスアカデミア」は、実績も実力もある講師の指導を受けながら、今の時代に必要とされる経営に関する能力が得られる機会といえるだろう。

一人で学ぶわけではないので、分からないものを分からないままにしておくことにもならない上、自分一人では理解しにくいことも丁寧に学ぶことができる。

何より、地場中小企業の経営者とともに学べるため、仲間達と切磋琢磨しながら自身の能力を高めることができるのだ。

今後、大船渡市は他の地方同様、未曾有の困難に直面していくことになるだろう。

そういった中でも、自分の会社を大きくしていきたい経営者にとっては、素晴らしい機会となるのではなかろうか。

「大船渡ビジネスアカデミア」では何が学べるか? 参加するにはどうすれば良いか

 

「大船渡ビジネスアカデミア」では、全6回に分けて以下の内容を学ぶことになる。

  • 地元学、リーダーシップ、事業構想、経営計画
  • 戦略
  • マーケティング
  • 財務
  • 組織

途中、発表会などもあり、学んでいく中で身につけた内容を確認できる機会があるのも嬉しいところだろう。
講師は、有限監査法人トーマツが担う。
それぞれについて、2日間計12時間程度の学習時間が取られているため、従来のセミナーなどよりも濃密な学びが得られるのも魅力といえる。
なお、詳しい日程については、以下のリンク先を参照して欲しい。

第2期「大船渡ビジネスアカデミー」実施要項

申込については、大船渡商工会議所か大船渡市商工港湾部起業支援室に用意されている申込用紙に必要事項を記入し、大船渡商工会議所宛に持ち込みやFAXなどで届けるか、大船渡商工会議所ホームページに用意されている書類に必要事項を記入しメールにて届ける形になる。

申込締め切りは5月25日(金)

応募対象者は、中小企業の経営者あるいは後継者、事業主からの推薦を得た上で且つ当該事業所の財務諸表等の公開が可能な幹部候補者となっている。

定員は10名前後と多くないが、このような機会を地方で得るのは難しいため、ぜひ参加して欲しい。

「大船渡ビジネスアカデミア」での学びだけでない! 情報こそが大船渡市をより良くする

 

ここからは私の方の宣伝になる。

「大船渡ビジネスアカデミア」で学ぶのも重要だが、経営者は勿論として、そうではない普通の人でもやはりビジネスに関する情報を得るのが、今の大船渡市には大切だろう。

知らないということは、現代においてはそれだけ大きな損をするということである。

知っただけで現状が何もかも良くなるとは言わないが、知らないで損をするということはなくなる。

とくに昨今は、知ることで日々の生活に役立てられることや物、サービスが非常に多い。

とりわけ経営者にあっては、これだけ便利なものがいくらでもある中、それを知らないがために旧態依然とした損するだけの方法を取って上手くいかないということも多いだろう。

そこで、ぜひ参加して欲しいのが「大船渡ビジネスのメモ帳」だ。

詳しくは「『大船渡ビジネスのメモ帳』利用ガイド」に譲るが、ここではビジネスや働き方、地域活性化などに役立つ情報を随時シェアしている。

もちろん、参加者が気になる情報や大船渡市についての情報をシェアしても良い。

大船渡市以外の人も参加しているので、情報などを元に交流が生まれるかもしれないし、何か困ったことを相談できるようになるかもしれない。

まだまだ開始間もないグループだが、今後大船渡市内のビジネスシーンにおいて何かしら役立つ可能性はゼロではないだろう。

特別何かをしなければならないというグループではないので、ぜひ参加だけでもしてみて欲しい。

参加者が増えてくれば、参加者一人一人が色々と活用できる場所になるだろう。

私もこの場がそうなれるように日々努力する所存である。

参加は以下のリンクからどうぞ。

大船渡ビジネスのメモ帳




これからあなたに読んで欲しい記事

第一回「大船渡ビジネスのメモ帳」記事まとめ【4/14-4/27】

電通の働き方改革から考える大船渡市の働かせる側に必要なもの