あなたのアイデアが大船渡を救う!「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」募集開始!

大船渡ビジネスプランコンテスト2018

あなたは夏休みの終わりになって、宿題の量に焦った経験がないだろうか?

夏休みの宿題が終わらない原因には様々な要因がある。体調を崩した。部活動などに多くの時間が割かれた。思わぬイベントがあって、宿題に時間が取れなかった。人の数だけ夏休みの宿題が終わらない理由があるだろう。

しかし、つきつめて考えれば、その原因は計画性のなさである。そして、これはビジネスにも同じ事がいえる。つまり、なぜビジネスが上手くいかないのかといえば、計画性がないからである。

商売はやってみなければ分からない。景気に左右される。不測の事態が多い。言い訳も言い分もあるだろう。だが、行き当たりばったりで行うことは、そもそもうまくいくわけがないのである。

大船渡市では、そんなビジネスの計画を考えるきっかけに役立つ企画を行っている。それもこの企画の参加者が負うリスクはゼロである。加えて、様々な特典ともいうべき機会も与えられるのだ。どういった内容なのか、ぜひその目で確認して欲しい。

目次





※Sponsored

大船渡ビジネスプランコンテスト2018の内容・応募要項

「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」とは、簡単にいえば一人一人が考えるビジネスのアイデアを競わせるイベントである。

難しく考える必要はない。ただ、日頃あなたが考えている「こういう仕事があれば大船渡はもっと良くなるのに」を紙に書いて応募するだけのイベントである。

そのアイデアが審査委員によって評価され、うまくいけば賞金を獲得できるかもしれない。そういうちょっとしたボーナスイベントだと思ってもらえると良い。

もちろん、既に事業として自分がやっていることを発表することも可能だ。自分がアイデアとして持っていて、近い内にビジネス化しようと思っているものを客観的に評価してもらっても良いだろう。第三者の視点とはときに大きな成功をつかむためのきっかけになるものである。

「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」では、3つの部門が用意されている。自分の希望や状況に合わせて、最も良さそうな部門に応募すると良いだろう。

「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」募集部門

  • ドリーム部門(一般/学生)

気仙管内の地域資源の活用や、地域課題への対応策等により、地域活性化につながるような多様な  ビジネスアイディアを対象とします。

出典:大船渡ビジネスプランコンテスト2018要項-大船渡市

要するに、アイデアだけで応募できる部門である。学生の部は高校生や一部の大学生など応募対象者が限られるが、一般部は15才以上であれば誰でも構わない。日頃自分が考えている「大船渡市にあったら良さそうな仕事」を自由に考えて応募してみると良いだろう。

  • ビジネス部門

事業の実現により地域活性化に寄与するような、幅広い分野のビジネスプランを対象とし、業種や事業分野は問いません(既に事業化されているプランも含みます)。

出典:大船渡ビジネスプランコンテスト2018要項-大船渡市

こちらはより具体的に大船渡市の地域活性化に役立つ事業の計画を募集する部門になる。過去のビジネスプランコンテストの様子を見ると、既に事業として行われているものや近々ビジネスとして行う事業が多く発表されている傾向が感じられる。

ドリーム部門よりはいくらか取っつきにくいかもしれない。しかし、だからこそ本気で考えることができ、審査やアドバイスなどもより具体的なものが得られる。もしも事業として実施していこうと考える事業計画があるならば、ぜひとも応募して、評価や指導を受けると良いだろう。そうすることで、今まで見えていなかった課題などが浮き彫りになり、より成功率を高められるようになる可能性がある。

「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」実施スケジュール

  1. 個別相談:7月20日(金)~10月29日(月)
  2. 募集期間=8月1日(水)~10月31日(水)午後5時
  3. 1次審査会=11月下旬
  4. ブラッシュアップ=12月上旬~平成31年1月中旬
  5. 最終審査会=平成31年1月27日(日)【一般公開】

※個別相談では、コンテストの説明やプラン作成のアドバイスなどを行いますので、お気軽にご相談ください。

※1審査通過者には、ビジネスプランのブラッシュアップや、プレゼンテーション資料の作成支援を行います(個別相談)。

スケジュールは上記の通りである。時間がないと感じる人もいるかもしれないし、意外と余裕があると感じる人もいるかもしれない。

「大船渡ビジネスプランコンテスト」は過去3回行われているが、今回から応募する前に個別相談ができるようになっている。

アイデアはあるけど、事業として考えるにあたってどう考えて良いか分からない人は多いだろう。そういう人は気軽に相談してみると良い。そうすることで、フワッとしたアイデアを事業として形にできるようになるはずだ。

意外と「こうすれば大船渡はより良くなるのに」「こういう仕事を創れば大船渡は活性化するのに」と考えている人は多いだろう。しかし、それをビジネスとして考えるまでに至っている人は少ない。

仕方ないのである。なぜならば、誰もがビジネスとして物事を考えるという機会に恵まれていない。そういう教育を受けたことのある人もいないからだ。だからこそ、この機会にちょっとしたアイデアをどういう風に考えていけば事業として形にできるのか知るのは素晴らしい体験になるだろう。

「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」表彰・副賞

「大船渡ビジネスプランコンテスト」では、表彰のほか、副賞が得られる。

たとえばビジネス部門の最優秀賞では30万円。

ドリーム部門では10万円である。

自分が持っているアイデアを発表して、それが評価されるだけでこれだけの大金を大船渡市で得られる機会はそう多くない。

しかも、助成金や補助金などと違って、小難しい資料を作ったり、何かを買ったりする必要もない。そればかりか、これは今事業をしている・していないにかかわらず、市民全員にチャンスがあるのである。

努力が必ずしも報われるとは限らないが、とはいえ、アイデアを紙に書き起こして、評価を勝ち取るのは、宝くじのような完全な運に身をゆだねるよりも現実的である。そもそも応募総数は数百・数千といった数になるわけではない。

頑張れば頑張るほど、この副賞を手に入れられる可能性は高まるのである。何より、大船渡市にはまだまだ足りていないものが多い。いっそ足りているものの方が少ないとすらいえる。だから、ビジネスの種は非常に多い。それだけチャンスも大きいのである。

「大船渡ビジネスプランコンテスト2018」応募方法

「募集要項」をご覧の上、ダウンロードした「応募用紙」に必要事項を記入し、添付書類を添えて ページ最下部のお問い合わせ先まで郵送またはEメール、FAXで申し込むか、直接持参してください。

大船渡ビジネスプランコンテスト2018要項-大船渡市

応募はパソコンからでもできるし、直接手渡しですることもできる。実は、これほど応募が誰にでもできるようになっているビジネスプランコンテストは、決して多いとはいえない。それだけ「大船渡ビジネスプランコンテスト」は広く門戸が開かれているコンテストといえるのである。

なので、ぜひ気軽に応募してみて欲しい。

ちなみに、多少手前味噌な宣伝になるが、もしもアイデアが思い浮かばない、アイデアはあるが事業として提案するのにもうワンポイント何かが欲しい、そういった悩みを抱えている人は、ぜひ「大船渡ビジネスのメモ帳」に参加してみて欲しい。

ここでは、昨今話題のビジネスやビジネスに関する情報、他の地域が地域活性化にどのようなことがしているのか、広く話題をシェアしている。大船渡市に今必要そうなアイデアと巡り合うこともできるだろう。

大船渡ビジネスのメモ帳」に参加したからといって何かをしなければならなくなるわけではない。ただ、流れてくる情報を見るだけでも良い。もちろん、何か相談を投げかけてみたり、宣伝のようなものをしても構わない。ある程度自由に使える場として提供している。この機会にぜひ検討してもらえるとありがたい。

 

▼今ついでに読んでおきたい記事▼

第五回「大船渡ビジネスのメモ帳」記事まとめ【5/27-6/21】

「大船渡ビジネスのメモ帳」利用ガイド-Facebookグループ-


2018年「『さんま』でまちを元気に!アイデア交換会」募集開始!地方活性化に挑戦

2018年「『さんま』でまちを元気に!アイデア交換会」募集開始!地方活性化に挑戦

大船渡市では近年「さんま」をテーマにした活動に力を入れている。そして、その活動を行う上で市民によるアイデアを求めている。そのために去年は数回議論の場を設けた。

どうやらその議論の場を今年も行うとのことである。ぜひ詳細を確認し、可能であれば参加してみて欲しい。

目次





※Sponsored

さかなグルメのまち大船渡実行委員会主催!2018年「『さんま』でまちを元気に!アイデア交換会」の詳しい募集内容はこちら

募集要項は以下の通りである。

会名:「さんま」でまちを元気に!アイデア交換会

日時:7月18日(水) 18:15~20:15
※第二回:8月9日(木) 同時刻
※第三回:9月11日(火) 同時刻

内容:アイデア出し
※第二回:アイデアの具現化に向けた検討
※第三回:成果発表会

講師:井出修身(株式会社イデアパートナーズ 代表取締役)

主催:さかなグルメのまち大船渡実行委員会

参加資格:誰でも参加可能(市民かどうかも関係ない)

定員:100名

参加費:無料

応募締め切り:7月13日(金)

応募連絡先:大船渡市観光推進室
電話:0192-27-3111
FAX:0192-26-4477

アイデア出しというとためらう人もいるかもしれない。そういった人には、ぜひFacebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」に参加してみて欲しい。

ビジネスや仕事に役立つ記事をほぼ毎日シェアしているので、役立てる情報に出会えるかもしれない。何かをしなければならないグループではないので、気軽に利用できるようになっている。

 

▼この記事を読んだあなたに読んで欲しい記事

第五回「大船渡ビジネスのメモ帳」記事まとめ【5/27-6/21】

「大船渡ビジネスのメモ帳」利用ガイド-Facebookグループ-


「大船渡ビジネスのメモ帳」利用ガイド-Facebookグループ-

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」

今、大船渡市はもちろんとして地方に足りないのは何でしょうか?
お金? 人材? 盛り上がり?
それらはきっと足りないでしょう。
しかし、今最も足りていないのは「情報」です。

 

この度は、Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」を閲覧頂き誠にありがとうございます。

 

大船渡ビジネスのメモ帳」は、大船渡市をより良い街にすべく、大船渡市内・大船渡市外の人が情報を元に交流するための自由なコミュニティグループです。

 

ここでは、Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」に参加・利用するにあたって、いくつかルールや活用方法などをお知らせいたします。

なお、Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」は、個人が運営するFacebookグループであって、大船渡市役所などの官公庁、その関係者、または何らかの民間委託事業などによって運営されているものではありません。

お問い合わせはについては、それらの団体あるいは個人に対して行わないようお願い申し上げます。

※レギュレーションなどについては適宜変更する場合があります。

目次





※Sponsored

はじめに

今、大船渡市はもちろんとして地方に足りないのは何でしょうか?
お金? 人材? 盛り上がり?
それらはきっと足りないでしょう。
しかし、今最も足りていないのは「情報」です。

「情報」が足りないからこそ、困難を解決できていません。
「情報」が足りないからこそ、魅力的なPRができていません。
「情報」が足りないからこそ、人を惹きつける事業や企業経営ができていません。

今、大船渡市が抱えている悩みや困難、先行きの不透明感は全て「情報不足」が招いているのです。
そして、悲しいかなこの事実に多くの人が気付いていません。

「情報」をしっかり集め、「情報」をしっかり活用し、「情報」で交流しさえすれば大船渡市は今より段違いに良くなるはずです。

私達一人一人の生活もきっと良くなることでしょう。

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」は、「情報」を集め、「情報」を発信し、「情報」で交流するためのコミュニティグループとして作成しました。

皆さん一人一人の毎日を今よりもっと豊かで素晴らしいものにするため、ぜひ活用してください。

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」に参加・利用するにあたっての注意点

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」は、大船渡市での生活や仕事、事業をより素晴らしいものにするために作られたグループです。

  • 参加については大船渡市内在住者かどうかを問いません。より広く様々な人同士がお互いを高め合うために交流することを願います。
  • 投稿は原則自由ですが、なるべくビジネスや働き方、まちづくり、新企画など「これって役に立ちそう」と思えるような情報を投稿してもらえるとありがたいです。
    (個人的な日常・私生活のつぶやきなどはあまり投稿しないようにしてください)
  • マルチ商法など悪質な勧誘などについては厳禁とします。見つけ次第、相応の対応を取らせて頂きます。
  • 参加者の誹謗中傷なども厳禁とします。投稿された内容についての議論は大いにしてくださって問題ありませんが、口喧嘩のような言い争いは各々のアカウントにて行ってください。

Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」の活用方法

ここからは、Facebookグループ「大船渡ビジネスのメモ帳」の活用方法について、考えられるものをお伝えします。
なお、この通りに利用しなければならないというものではありません。

  • 仕事やビジネスに役立ちそうだと思った情報を投稿して、参加者同士で共有する
  • 世間的に話題になっているビジネスツールや働き方など、今のトレンドを投稿して、大船渡市内でも活用できないか提案してみる
  • 大船渡市内や大船渡市街で参加したイベントなどについて良かった点や改善して欲しい点などを共有して、知見を深める
  • 何か大船渡市内で新しく始めたことをPRする
  • 仕事や自分のビジネスで困ったことを投稿して、アドバイスをもらう
  • 大船渡市内で起こったトラブルなどを共有して注意喚起する
  • 投稿者同士で交流したり、仲間作りをしたりする
  • ビジネスや働き方に関する投稿をメモして、自分のビジネスや仕事に役立てる


▼ここまで読んだあなたにおすすめの本▼
 

▼関連記事

復興庁「復興・創生インターン」はブラックインターンなのか?

東京労働局長の発言は不適切だったのか?